toto BIGの当選確率をあげる方法

指定されたサッカーの各試合での90分間での試合結果をコンピュータがランダムに選択するという仕組みのtoto BIG。

コンピュータがランダムに選択する」訳ですから、当選確率をあげる方法なんてある訳がありません!

・・・と思っていたら、実はあったんです!

たまたま見ていた「ぐるナイ」の中で放送された宝くじ企画の中で実際に6億円当たった方が紹介されていました。

その方曰く、

狙い目は、6・9・10月。

理由は、

「台風などの気象状況が発生しやすいから」

だそうです。

なぜ?

カラクリは、 「無効試合(開催不能)は的中扱いとする」というtoto BIGのルールにあります。

つまり、

この時期は、無効試合が多いそうなんです

雨が降っても、試合をするイメージがあるサッカーですが、たまに無効試合ってありますよね。

そうなると、

通常、一等の当選確率は約1/1590,000

これが最大で約1/590,000までに

確かに当選確率が上がっている・・・

しかし、こんなルールがあるなんて知らなかったですね。

自分も何回も購入していましたが、六等すら当たらない始末。

正直、心が折れていましたが、今一度、挑戦してみたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする