マスカルポーネとクリームチーズの違いは?お互いに代用できる?

ティラミスを作る時に

「マスカルポーネより手に入りやすいクリームチーズで代用しても美味しのか」
「余ったマスカルポーネをクリームチーズの代用に使えるか」

と思った方は、マスカルポーネとクリームチーズの何が違うのかを知ることで解決しますし、もっと幅広い使い方ができるようにもなります。

そこで早速、マスカルポーネとクリームチーズの違いからチェックしていきたいと思います。

マスカルポーネとクリームチーズの違い

どちら熟成させないフレッシュタイプのチーズで、なめらか・クセが少ないなどの共通点も多いこの2つのチーズ。
ポイントは 「酸味があるかないか」「質感、食感」の違いです。

代用として使う場合も、このポイントを意識しましょう。

では、これを踏まえて、それぞれについてもう少し詳しくみていきます。

マスカルポーネの特徴と合う料理

脂肪分が多く、軽い食感と生クリームとバターの間の様なコクと風味が特徴のマスカルポーネ。
他の材料と合わせても邪魔する事はありません。
そのまま食べる事は少なく、よくデザートの材料として使われます。

やや苦味のあるものとの相性バツグンで、ティラミスを作るくらいしか思いつかないマスカルポーネは、他にもグラタンや果物のソースと混ぜて揚げ物のソースにもいいですね。

混ぜてまろやかにしたり自分で好みの味を作りたい時はこちら。

クリームチーズの特徴と合う料理

スーパーでも種類も多く取り扱われるクリームチーズ。
タンパク質が少なく、キメが細かくなめらからな舌触りと爽やかな酸味が特徴です。
スイーツはもちろん、色々な料理やお酒のアテにもよく使えるチーズです。

そのまま食べても美味しいので、簡単なアレンジ料理に向いています。

お互いに代用するとどうなる?

はじめに話した通りの違いがあるので、代用すると食感や風味が変わります。
結局は好みの問題なのでしょうが、料理によってはオススメ出来ないものも。

今回は、「ティラミスをマスカルポーネの代わりにクリームチーズで代用」した場合、「チーズケーキをクリームチーズの代わりマスカルポーネで代用した」場合についても考えてみたいと思います。

「マスカルポーネ」の代わりに「クリームチーズ」で代用すると

あまり主張しないチーズですから、クリームチーズで代用すると風味が変わります。
食感が少し固くなり、酸味が強くなる為、ティラミスというよりはあくまでもティラミス風のケーキといったところでしょうか。

「クリームチーズ」の代わりに「マスカルポーネで」代用すると

マスカルポーネの代わりにクリームチーズを代用するよりは、向いています。
ただ、クリームチーズに比べて酸味が少ないので多く酸味を加えたり、ジャムやフルーツソースを混ぜてインパクトを強くするなどの工夫が必要です。

チーズケーキを作る場合も、レモン汁をいつもより多く加えたり、ソースをかける事で味を補う事で、若干ムース寄りのチーズケーキを作る事ができます。

まとめ

同じフレッシュタイプのチーズですが、違いがある事が分かりました。

お互いに代用もできるのですが、いつもの出来上がりの味を想像すると少し違うようです。
デザートで言だと、それが美味しいかまずいかで言えば、人それぞれの好みの問題に。その位、大きな変化ではありません。

ただ、料理によっては、合わないものもあるので注意してください。

これから作ろうとする料理にマスカルポーネを使うか、クリームチーズを使うか迷った時は、ぜひ2つの特徴と違いを思い出してください。