【ヒルナンデスで紹介】静電気でホコリをとるアイリスオーヤマのモップ付掃除機

掃除をしているときに限って、テレビや机、パソコンなどについたホコリも気になってしまいます。
「掃除を中断して、モップでホコリ取りしたいけど取りに行くのが面倒だ・・・」と後回しにしていませんか?

こんな時に便利な掃除機が、アイリスオーヤマのスティッククリーナータイプの掃除機「KIC-SLDCP5」です。

「ヒルナンデス」や「 アメトーークの家電芸人」、「坂上&指原のつぶれない店」などで次々と紹介され、5万台も売れた主婦に話題の掃除機です。

自分も実際に使っているのですが、他にも感動するポイントもあるのであわせて紹介します。

モップはアイリスオーヤマならでは

 

この掃除機の最大の特徴は、やはり「モップ」でしょう。
でも、ただモップをつけたという訳ではありません。

掃除機についているモップを入れるケースの中で静電気を発生させてモップにたくわえさせます。
これで静電気を帯びたモップで細かいホコリも取れやすくなるのです。

キレイなモップがいつでも使える

ただ、静電気のモップからホコリを取るのは大変ですね。
この辺りもうまく考えられていて、専用スタンドにある吸い取り口から除電、回転ブラシでホコリをかき出しながら吸引します。

キレイなモップが、掃除をしながらいつでも使えるので、気になるところがあればササッ、また気になるところがあればササッと効率よく掃除ができるようになりました。

実は魅力を感じたのはこの部分だけではありません。
KIC-SLDCP5は、幾つかのスティックタイプの掃除機を使ってみて不便だったところが解消されているスティッククリーナーでした。

掃除機が自立する

「掃除中にテレビについたホコリを発見!モップを使おう」という時に掃除機を持ちながらではやりにくいですよね。
その場にポンと置けた方が便利です。

実は、スティッククリーナーには自立するタイプとしないタイプがあるんです。

自立しなければ、いちいち床に置いたり、壁に立てかけておかなければいけません。これがひと手間。
また、 自立すれば両手で椅子を移動させたりもできるし、宅配便がきても慌てることはありません。

重さも超軽量!

スティッククリーナーの魅力は、階段掃除もできたりと自由に持ち運べること。
いろいろなところに持ち運ぶとなれば、重いと負担がジワジワきます。

この掃除機は、重さが1.4㎏と最軽量クラス。
コードレスですからバッテリーが内蔵されていて、この軽さはスゴイです。

高齢の方は、「手軽なスティッククリーナーが使いたい毛ど重くて・・・」と言う人も多いです。
おじいちゃん、おばあちゃんへのプレゼントにも喜ばれるのではないでしょうか。

充電が簡単!

コードレスタイプのスティッククリーナーは充電が必要です。
極端に言えば、掃除機を使った回数分の充電が必要という事になります。そうでないと、いざ使いたいときに充電切れにもなりかねないからです。

つまり、充電が面倒だとスティッククリーナーでの掃除もだんだんと面倒になってきます。
その点、この掃除機には充電スタンドが付いています。

充電方法もいろいろありますが、こちらは使い終わったら充電スタンドにさしておくだけ。
とっても簡単。充電が終わると通電が切れるので安心です。

自立タイプなので充電も場所も取りません。

これがあるかないかで購入を決めてもいいくらい大事なポイントです。

紙パック方式

「紙パック式か、サイクロン式」は好みが分かれるところですが、手軽さを重視するなら紙パックの方です。
確かにダストボックサイクロン式スだとポイ捨てができるので楽ちんなのですが、ダストボックスの掃除が必要です。
細かなゴミはダストボックスにへばりついているので、これを水洗いするか、拭き取らないといけません。
そのままでもいいですが衛生面が・・・また捨てた時の細かいゴミが舞い散るのも気になります。

しかし、紙パックだとその心配がありません。
紙パックごと捨てるわけですから、ゴミに触る事無く捨てれます。掃除機内もダストボックスと比較すれば細かいゴミがつきにくいです。

ただ、気になるのはコスパ面。
1か月で1枚が目安と書かれており、25枚で400円ですからそれほど高価でもありません。
使う頻度にもよるのでしょうが、1か月で1枚で足りない時も。
それでも、2枚あれば足りるので1年で400円と考えても、そう負担にならないと思いました。

まとめ

以前の紙パック式のスティックタイプのクリーナーなら、パワーが足りない・すぐに充電が切れるなどの理由からサブ機として使っていました。
しかし、今では性能もパワーアップし、今ではメインの掃除機としても十分に活躍します。

さらに静電気のモップで、気になるところを「ついで掃除」ができるのは、KIC-SLDCP5ならではですね。

購入の際には、IC-SLDCP5もあるので、お好みで選んでみてください。

違いは、ボディカラーと紙パックの枚数。
KIC-SLDCP5はピンクゴールドで紙パック81枚付属、IC-SLDCP5はシルバーで紙パック25枚付属となっています。