1日経ってもまだ美味しい!保温に優れた炊飯器

炊飯器で長時間保温をするとごはんか固くなって、美味しくありません。
自分の場合は、残ったご飯はすぐに冷凍してしまいます。


ただ、時間が無かったり、冷凍作業が面倒な時は、そのまま保温状態でおくこともしばしば。

「最近は炊飯器の性能も優れているので、長時間保温出来るものもあるのでは?」と探したところ・・・

ありました!

象印の極め炊き「NP-VQ10」です。

1日経っても!

最近の炊飯器は長時間の保温は、当たり前。
1日経っても炊き上がった時と同じくらい美味しさをキープできるとは驚きです。
普通は、表面がパリパリに固くなりそうなものですけど。

もちろん、お米の変色もありません。

夕方に炊いたお米が次の日の晩御飯でも食べれるのは
お米を炊く手間がないのも嬉しいですね。

安っ!

気になるのは、やはり価格。

最新モデルでも、1万5千円台で購入できます!
ひとつ前のモデル「NP-VN10」なら、もう少し安く販売されているので、そちらの選択肢もあり。

機能的にも必要十分にメニューに絞れていてシンプル。
どうせ多機能でも限られたメニューしか使わないので、これで十分です。

長期保存が出来ると

今の炊飯器は保温24時間なんて当たり前なんですね。

24時間以上保温できれば、
朝夜はご飯を食べる家庭ならひと手間省けますし、独身の方にもおすすめ。

流行りの高級炊飯器も良いですが、保温力とお求めやすさなら、極め炊きに魅力を感じます。

>>Amazonで象印の極め炊きを見る