シュレッダーの音がうるさい!という方はC204-B

シュレッダーを使っていると音のうるささが気になりませんか?
購入する時は、サイズや細断枚数、細断寸法などは分かるものの、音がどれくらいなのかまでは分かりません。

自分も使ってみて初めて意外とうるさくてストレスを感じました。
そこで、bonsaii シュレッダー C204-Bを紹介します。

シュレッダーの 音が気になっている方は、要チェック!

 

静音設計で音が静かなシュレッダー C204-B

一般的には運転音が60dB以下であれば、比較的静かなと言われていますが、C204-Bは58dB。
シュレッダーの中では、結構の静かさです。

音が静かなメリットは

シュレッダーは、カッターが回って紙を裁断する仕組みですから、どうしても音はうるさくなります。
ですから、「こんなもんだろう」と使っている方も多いのではないでしょうか。

静音設計のシュレッダーを選べば、

ストレスが軽減される
テレビや音楽を楽しみながら作業ができる
アパート、団地の方でも時間を気にせず使える

とメリットも多いです。

自分も、テレビをみながら、音楽を聴きながらなど“ながら作業”ができるようになり、作業が苦にならなくなりました。

 

これだけじゃない!C204-Bの実力

もちろん、C204-Bは音が静かだけではありません。
この他にも機能が充実しています。

クロスカットで個人情報を守る

細断寸法は、4×20mm、セキュリティーレベル4のクロスカットです。
セキュリティーレベルで言えば、もうワンランク上のマイクロクロスカットもありますが、家庭用であればこれで十分。
問題なく住所や名前を読めなく細断可能です。

 

大容量のダストボックス

ダストボックスは大容量の約15リットル。
A4コピー用紙で約120枚ほどになります。
ダストボックスが大きいと、捨てる回数も減らせます。

本体が上から外れるので、大量のゴミでも処理は楽です。

 

連続使用時間が長い

連続使用時間が5分と長いのも、このシュレッダーの大きなポイント。
「えっ、5分で長いの?」と思うかもしれませんが、家庭用シュレッダーは連続3分~5分使用できる製品が多いです。
他社の同じ価格帯のシュレッダーであれば、2分~3分のものがほとんど。
裁断が終われば止まるので、連続で入れない限りはオーバーヒートになる確率は低いです。

 

お値段以上だが・・・

ホッチキスやCDなどの固い系の裁断はできません。
また、A4が5枚までと書かれており、確かに5枚もイケるんですが、2~3枚がベスト。
この方がリズムよく裁断できます。

ホッチキスで止めてあるような書類系は苦手なので、この手の書類を処理したい方には不向きです。
手紙や領収書、

 

まとめ

もう使って半年くらいになりますが、トラブルもなく活躍中です。

安価なシュレッダーですが、音が静かなですし連続使用時間も長く、ダストボックスも大容量と使い勝手も悪くありません。
テレビをみながら大量の書類を裁断するときなどに向いています。

ホッチキスには使えませんが、4,000円台でこのクオリティーなら十分に満足できるでしょう。

初めてのシュレッダーにもオススメです。