今更ながらChromecast(クロームキャスト)を買って思ったこと

Chromecast(クロームキャスト)はパソコンやスマホの映像をテレビやモニターに表示できる人気のストリーミングデバイスです。
最近では、Google homeと連動すると大変話題を呼びました。

実際使ってみると、「電源のON・OFFってどうなの?」など疑問点も・・・

テレビはHDMI端子があればOKだった

クロームキャストの見た目から、テレビ側には"HDMI端子とUSB端子"が必要と思っていましたが、HDMI端子のみでよかったです。
電源は、テレビのUSB端子かコンセントの2択から選択。

この選択により、テレビのOFF時にクロームキャストの状態が

  • テレビ(HDMI+USB)→クロームキャストOFF
  • テレビ(HDMI+USB)→クロームキャストON
  • テレビ+コンセント→クロームキャストON

と、3つのタイプに分かれます。

電源のON・OFFは可能か


ウチの東芝レグザの場合

クロームキャスト自体に電源のON・OFF機能はありません。
USB端子で給電の場合、テレビの種類によって状態が変わります。
もちろん、電源が入ればクロームキャストも電源ONに。

「使わなくてもテレビを見るたびに電源が入る」ということになります。

このことから、
電源をON・OFFしたいなら、スイッチ付き電源タップを買って個別にON・OFFするしかなさそうです。

電源を切ってもキャストがON状態のままのテレビもあるので、「テレビを見ないときだけでも消えるのはマシか」と思ってしまいました。

しかし!

Google homeを使うようになってから、クロームキャストに電源が入ったままの方がいい事が判明しました。

Google homeを使うなら電源はON

「Google homeを使ってテレビの電源が入らない」
という方は、テレビ(HDMI+USB)→クロームキャストOFFに当てはまります。

Google home→クロームキャスト→テレビの電源ON!

という流れですから、クロームキャストに電源が入っていないと反応しません。

テレビのOFFは、クロームキャストに電源が入っているのでGoogle homeで操作可能。

Google homeを使ってテレビのON・OFFがしたいなら、電源をコンセントに変えましょう。

たかがテレビのONですが、これが出来る出来ないで、大きく使い勝手が変わります。
特にYouTubeをよく見る方はずっとON状態がオススメです。

クロームキャストが熱い

熱っ!
クロームキャストは凄く熱くなるというのは有名な話ですが、確かに2時間くらいの使用するとアツいです。

しつこいようですが、テレビの電源が入っていれば、クロームキャストを利用しなくてもONの状態。
でも、自分は旧型を使っていますが、熱さでどうこうなった事はありません。もう3年以上は使っていると思います。
テレビの電源をOFFにするとクロームキャストに給電されないタイプだからかも知れません。

気になる方は、クロームキャストの電源を切りたければ、やはりスイッチ付き電源タップが必須アイテムとなります。

まとめ

あれば便利なクロームキャストも、電源のON・OFFは気になるところ。

自分のタイプと利用状況に合わせて決めましょう。

接続タイプ クロームキャストの電源状態 利用状況
テレビ(HDMI+USB) 常にON ・Google Homeを使っている
・動画をよく見る
OFF ・Google Homeを使っている
・動画は余り見ない
テレビ+コンセント 常にON ・Google Homeを使っている
・動画をよく見る
ON・OFF切り替え ・動画を余り見ない

スマートフォンやタブレット、PCから操作可能でミラーリングにより、ニコ動やGYAO(ギャオ)も視聴可能。
ニコ動は一般会員ですが、37型に映しても画質はまあまあです。

他にも、海外スポーツの試合がライブで見れるのは大きいですね。

クロームキャストのヘビーユーザーではありませんが、たまに動画を見るだけでも「便利だな~」とは思います。

現在のクロームキャストは、新型第2世代。

Google homeを持っている方には、相性がいいのでオススメ。
特にYouTubeをよく見るなら、是非、検討してみてはいかがでしょうか。

性能UP!新型登場

ブランド:Google
価 格:4,980円~(税込)

>>Google Chromecast 2( クロームキャスト2 )を楽天で見る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。