スマートコンセントを使ってみた|トリゴ(TOLIGO)スマートコンセントレビュー

スマート家電の1つであるスマートコンセント。
自宅にWi-Fi環境さえあれば、スマホでON/OFFの遠隔操作が可能です。

今回はコンセントタイプのトリゴ(TOLIGO)スマートコンセントTLG-SO02を購入しました。使ってみると結構便利に使えたので紹介します。

トリゴ(TOLIGO)TLG-SO02 レビュー

トリゴ(TOLIGO)を提供する株式会社 日昇は、愛媛県に本社を置くインテリアのEC事業を展開している会社です。

購入したTLG-SO02は、4口のコンセントと2つのUSBポート からなる木目調がキレイなスマートコンセント。
4口のコンセントは個別にON/OFFができますが、2つのUSBポートは同時の操作になります。
物理的な切り替えスイッチは付いていません。基本はスマホ操作になります。GoogleHomeやAmazonAlexa/Echoにも対応。
その他、タイマーや自動化の機能をアプリで設定できます。

設定も簡単、使いやすい

ちなみに自宅では、スマートリモコン、扇風機、空気清浄機、スマホの充電器を繋いでいます。
空気清浄機はリモコンがないので操作するために、扇風機やスマホの充電器は、使わない時にオフっての節電に利用。
USBポートに近いコンセントの幅が長いので、比較的大きなアダプターも1つ挿せます。

スマートスピーカーで音声操作

操作は、スマホではなくスマートスピーカーを利用しています。
GoogleHomeと連携できるのはとても便利で、「OKグーグル、スイッチ1を消して」など音声操作ができます。
ディフォルトでは、スイッチ1、スイッチ2とコンセントに名前が付いていますが、音声操作したいなら名称変更した方が良いかも。
自分の場合は、スイッチ1を1番というように変更しましたが、スイッチ1より誤作動が少なくなりました。

コマンド例

コマンド 動作
メインをつけて/消して 全てのON/OFF
スイッチ1をつけて/消して USBポート2口のON/OFF
スイッチ2~4をつけて/消して コンセント2~4のON/OFF

 

USBポートにランプなし

USBポートにスマホの充電器を使っていました。ただ、ランプがないのでいちいちスマホで確認。これが面倒だったためコンセントの方に差し替えました。やはり、ONかOFFか一目でわかるランプは便利ですね。USBポートにもランプを付けて欲しいです。

基本的な使い方しかしていませんが、そのうちタイマーやまとめて操作をしてみたいです。

メリット・デメリット

実際に使ってみて自分が感じたメリット・デメリットはこちら

メリット
○スマートスピーカーにも対応しているので音声操作が可能
○コンセントは個別操作が可能
○安心の日本ブランド
○キレイな木目調のデザイン

デメリット
×USBポートは個別で操作できない
×スマートスピーカーとの連携のマニュアルがない
×USBポートに明かりがない

オススメの方

このTLG-SO02は、まだ数が少ないコンセントタイプのスマートプラグです。
1口タイプのプラグ数個持つよりは、1つにまとまった方が良い人、音声操作でON/OFFしたい人などにオススメ。
フローリングに馴染むデザインですから、デザイン重視の方にも向いています。
他にも、アプリの登録で言うなら、日本ブランドのこちら。安心・安全に使いたい人は選んでみてはいかがでしょう。

TLG-SO02設定方法

TLG-SO02自体の設定は簡単。マニュアルに沿って行くだけですんなりといきます。

アプリのダウンロード・インストール→アプリを起動→同意→メールアドレスの登録→パスコードが届く→パスコード入力→パスワード設定→完了

こちらは説明書や公式WEBサイトに記載されています。
⇒マニュアルはこちらから

スマートスピーカーとの連携

問題は、スマートスピーカーとの連携方法。

これも簡単なのですが、スマート家電をもっていない方は未経験の操作だと思います。

GoogleHomeアプリを開く→+プラスを選択→Googleと連携させる→デバイスの追加から@TOLIGO(トリゴ)を選択→メールアドレスとパスワードを入力→アクセスを許可→1つ1つ登録していく

まとめ

操作したい家電を1つでコントロールできるのが、スマートコンセントの魅力。
特にリモコンがない家電を使うのには重宝します。
操作の方法ばかりに触れましたが、トリゴ製品の大きな特徴の1つデザインの良さを忘れてはいけません。
これは今のところ唯一無二の存在です。

元々、スマートプラグは1口タイプが多く、コンセントタイプは数えるしかありません。
しかも、ほとんどが中国製ですから、アプリ使用時の個人情報入力がどうしても気になりました。
その点からも、出所が分かっている日本ブランドは安心して使えますね。

このシリーズには、1つ口のシンプルタイプもあるので、興味がある方はそちらもどうぞ、